お知らせ

トップページお知らせ > 2月児童特集『節分』始めました

2月児童特集『節分』始めました

2022年1月25日

 

今年も2月3日の節分の日が近づいてきました。

もともと節分は一年の始まりでもある立春の前日のことで、

鬼などの悪いものを追い払って新年を迎えようというのが

豆まきの由来のようです。

今年こそコロナを追い出して福を呼び込めますように。

 

1月YA特集『ピンチをチャンスに!』始めました

 

2022年1月6日

 

またもコロナの感染者数が徐々に増えてきて

心なしか重苦しい空気になってきました。

そんなどん底な状態でも必ず

活路を見出して逆転できる!という

ポジティブな意志を感じさせる、

そんな本の特集を始めましたので、

最近元気が出ないなと思ったら覗いてみてください。

1月児童特集『寅と正月』始めました

 

2022年1月4日

 

明けましておめでとうございます。

2022年は寅年ということで、お正月の本に加えて

トラが出てくる本を集めてみました。

今年も津田図書館をよろしくお願いします。

『海外ファンタジー小説』

2021年12月1日

 

さてさて本日12月1日はあの超!有!名!海外ファンタジー映画の

第1作目が日本で公開された日なんですが、なんの映画かわかりますか🤔❓

 

かんがえてみてくださいね、レッツシンキング〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでヒント!

ユニバーサルスタジオジャパンでその映画シリーズのアトラクションが

たのしめます!これは大ヒントです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……………………………

 

ピンポーン!!

 

「ハリー・ポッターと賢者の石!!!」

 

 

ピンポンピンポンピンポン

大正解でーす!!

 

ハリー・ポッターと賢者の石は20年前の12月1日日本で公開されたんです〜😆

(20年前に公開されたということは私が⚫⚫歳のとき…キャー!)

 

なので2021年はハリー・ポッターイヤーということで、

いろいろな企画がされているのです!

 

もちろんこのニュースを津田図書館が見逃すわけはありません😏✨

ハリー・ポッターシリーズにかぎらず

図書館には多くの海外ファンタジー小説があります!

 

というわけで2021年YA最後の特集は『海外ファンタジー小説』です!!

 

 

 

表紙がおしゃれでかっこいい✨

ハリー・ポッターシリーズってこんなにあるんですね!

実際にならべてみると迫力があります😮

 

厚みがあるので敬遠しがちな方もいらっしゃるかもしれませんが、

ストーリーもおもしろくてキャラクターもとっても魅力的で

いがいとサクッと読めちゃいますよ、お気にいりキャラクターもきっと見つかるはず💕

 

映画を見た方はぜひ原作も!ユニバで遊んだ方もぜひ原作を!

子どものころ読んだわ〜って方もぜひ再読を

ぜひぜひこのアニバーサリーイヤーに読んでください〜😘

 

 

そしてそしてハリー・ポッターシリーズ関連書も用意してございますっ、

クイズの本や英語でハリー・ポッターを読むための本、魔法界名所大図鑑もあります🏰

 

ハリーポッターシリーズ以外にも海外ファンタジー小説を置いていますよ、

いろいろなファンタジー世界を楽しんでくださいね!

表紙で選ぶもよし、中身をチラ見で選ぶもよしです🎵

 

ハリー・ポッターシリーズはすべての巻、

ほかの海外ファンタジー小説のシリーズものは1巻目を置いています📕

 

続きの巻が読みたくなったらお気軽にスタッフまでお声がけください!

本さがしのお手伝いしますよー💪🔥

 

2021年読書のしめくくりに海外ファンタジー小説はいかがでしょうか✨

ご利用・ご来館お待ちしてます!!

 

『将棋』

2021年11月16日

将棋というと年配の人の趣味と思う人もいるかもしれませんが

19歳の藤井聡太さんが四冠を達成したのも記憶に新しいところですよね🎉

子どものうちから始めるとスゴイ棋士になれるかも😜⁉
初めての人にも読みやすい子ども向けの本を集めてみましたので

これから始めようと思う大人の方もぜひ手に取ってみてください📚

 

 

『YAおすすめ本』

2021年11月1日

秋の読書週間(10月27日〜11月9日)がスタートしています。

中学生・高校生のみなさまにもこれをきっかけにぜひ本を読んでほしいですね😊

『じゃあ読んでみよう!』と思ったけどどれから読めばいいか迷ったなら

ぜひ津田図書館に来ていただいてこの特集をのぞいてみてください。

中学生・高校生のみなさまにも読みやすいおすすめの本を集めてあります📚

 

『「笑い」の本』

2021年11月1日

コロナ禍で経験したことのない事が続き、

不安や心配、我慢しなければならないことも多くありますよね。

そんなときに少しでも笑顔で過ごせますように、

今回は「笑い」の本を集めてみました。

芸人さんが登場する小説や、絵本、お笑いの歴史など

読むとニヤリと笑える本が揃いました!

皆さまのご来館お待ちしております。

『芸術の秋』

2021年10月4日

秋ですねぇ〜まだまだ暑いけど…でも秋ですねぇ🍁

というわけで、秋といえば色々あると思いますが図書館なので『芸術の秋』❗
『読書の秋』じゃないのか⁉と言われそうですが今回は芸術でいきます

なかでも今回は美術の本を集めてみました📚

お子様にも読みやすい本を選んでみたのでぜひお立ち寄りください♪

『名前』

2021年9月2日

 

皆さんは自分の名前の由来を知っていますか?

知らないという、あなた!

調べてみると、意外な事実がわかるかもしれませんよ。

今回のYA特集では『名前』にまつわる絵本や

名字の歴史、地名や駅名について書かれたものなど

様々な本を集めました。

この機会にぜひご利用ください。

皆さまのご来館お待ちしております。

『青い本』

皆さんは読む本を選ぶ時何を基準に選びますか?

作者?あらすじ?タイトル?表紙のデザイン?

 

たまには「色」で選んでみてはいかがでしょうか。

まだまだ残暑で暑さの残る時期、涼しげな『青い本』を集めてみました!

駐輪場側出入り口すぐの特集棚にてお待ちしております📚

『オリンピック』

 

ついについについに!

一年越しのオリンピックがやってきました!!😆

 

柔道ではたくさんのメダルが輝き、ソフトボールでも北京大会以来の金メダル!

卓球では日本初・悲願の金メダルがありましたね🏅✨

 

新型コロナウイルスの影響で直接応援はできないですが、

お家で応援も意外と楽しくていいですよ📣ガンバレー

 

選手の姿を見ていると感動したり、勇気をもらったり、

とにかく大きなパワーが自分の体にもあふれてくる気がしますよね!🔥

 

津田図書館では東京オリンピック開催にちなんで、

スペシャルな特集をはじめました✨

 

その名も!TOKYO2020スペシャル特集『アスリート!』です!!🥳

 

いちばん上の段の本には見覚えのある札がささっていますよね!

そう、この札がささっている本は『有名人が読んだ本』シリーズの本なんです📚

 

今回の有名人が読んだ本はもちろんアスリートの読んだ本!

大活躍の大谷翔平さんや霊長類最強の吉田沙保里さんの読んだ本など、

超ビッグアスリートの読んだ本をご用意してあります

 

中段・下段にはアスリートの本がずらーっとあります、

自らが書いた本もあればそのアスリートのインタビューや研究の本など😄

 

オリンピック気分が盛りあがる本がたくさんです🏟

お家観戦のおともにぜひぜひご利用ください、がんばれ日本!!🇯🇵

 

7月YA特集『お医者さん』始めました

 

町の診療所や病院で、あらゆる病気や怪我に対応しつつ、

皆さんの健康を守ってくれるお医者さん。

誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

今回のYA特集では、楽しいお医者さんが登場する絵本や

お医者さんの1日がわかる本など、さまざまな本を集めてみました。

コロナ禍の厳しい医療の現場で頑張る方々への

感謝の気持ちを忘れずに、

感染予防に努めて過ごしましょう。

皆さまのご来館、お待ちしております。

 

 

6月YA特集『#LGBTQ+』始めました

LGBTQ +って知ってますか?

LGBTなら聞いたことあるけども…という方が多いのではないでしょうか

 

LGBTはご存じ、

 

Lesbian(レズビアン、同性を好きになる女性)

Gay(ゲイ、同性を好きになる男性)

Bisexual(バイセクシュアル、異性も同性も好きになる人)
Transgender(トランスジェンダー、心と体の性に不一致を感じる人)

のそれぞれの頭文字をとったものですよね!

 

Q」はQueerQuestioning(クイア・クエスチョニング)の頭文字で、

性自認や性的指向についてまだ決まっていなかったり、

どれかひとつに決まるものではなかったり…

自身の性自認や性的指向が定まっていない人、意図的に定めていない人のことです🤔

 

でも性はそれだけじゃないですよね💡

 

誰に対しても恋愛感情や性的欲求を抱かない人もいれば、

一般的に定められた「男性」「女性」どちらとも断言できない身体構造を持つ人も…

なので最後の「」は多様な性を包括する意味での「

 

LGBTQはこれまで普通や当たり前、自然とされてきた性に関する場面で、

少数派にあたる人々、性的マイノリティを表す言葉のひとつなんです!

 

…と簡単に説明してみましたが、すぐにパッとはわからないですよね😓

あまり聞き慣れない言葉もたくさんありますし…でもそんな時こそ本の出番です!!📚

 

わからないところは時間をかけて何度も読んだり、ページを戻ったっていいんです、

本はあなたのペースによりそってくれますよ💕

 

というわけでもちろん今回のYA特集は「#LGBTQ」です!

 

 

気になる本、表紙が目に入った本なんでもいいんです、

とにかくどれかひとつ手にとってその一冊を読んでみてください

本を通してジェンダー問題に向きあいましょう📖

 

ちなみにいちばん上の棚にはLGBTQ+関連のパンフレットが置いてありますので、

こちらも自由にお持ちくださいね!

 

2030年までに世界が達成すべき目標、SDGsにはぜんぶで17の目標があります

そのうちのひとつに『ジェンダー平等を実現しよう』の目標があるのは知っていますか?

 

LGBTQ+の現実を知ること、考えることはSDGsにもつながります、

津田図書館のご利用、ご来館お待ちしています😃

 

(この特集の準備中に#マークは何か意味があるのかと館長から質問されましたが…

特に意味はないんです…つけたらかっこいいかなっと…ええ……正直に言います、

かっこつけたかっただけです!!😅)

 

6月YA特集『北欧とムーミンの世界』始めました

 

『ヒュッゲ』

この言葉、聞いたことありませんか?

実はこの言葉、日本語に訳すのがむずかしいようなんです🙄

 

調べたところ『ヒュッゲ』はデンマークの言葉で、

感じとしては家族や友人と集まってゆったりとした時間をすごすことや、

家のインテリアを整えて気持ちよくすごせる空間をつくることを言うそう。

日本だとスローライフに近いかもしれませんね🎵

 

コロナ禍で緊張がほぐれない今、北欧のゆったりとした空気を感じてみませんか?

ヒュッゲな特集、『北欧とムーミンの世界』始めました。

 

 

そうそう、ちなみにこの特集を6月3日にはじめたのにはワケがあります。

 

6月3日、6(む)と3(み)で日本ではムーミンの日というそうなんです。

ムーミンはフィンランドうまれのキャラクター。

 

ムーミンのはなしにもヒュッゲな雰囲気がありますよね

ひらかた絵本まつりYA特集『教科書にでてくる本』始めました

「メロスは激怒した」

「クラムボンはわらったよ。」

「ごん、おまいだったのか。いつも栗をくれたのは

 

本好きでも、そうじゃない人もきっと知っているこの一文。

なんでこんなにも有名なのかというと…。

 

そうそう、教科書にのっていたんですよね。

先生にあてられて音読するときは緊張したなぁ…。

 

ひさしぶりに、あの話、読んでみようか。

 

懐かしい学校の匂いがぎゅっとつまった『教科書にでてくる本』特集はじめました。

学生のあなたも、学生だったあなたもぜひご利用ください。

 

 

始めました4月YA特集『学校

 

すっかり春めいて、ぽかぽかと気持ちのいい日が続いていますね。

津田図書館では、この4月から学校生活が始まる!

という方にぴったりの特集が始まりました。

テーマはずばり『学校』です。

学校を舞台にした小説はもちろん、

「学校ってどんなところ?」「勉強ってしなきゃだめ?」

といった疑問に答えるようなものまで

さまざまな本を集めてみました。

現在学生の方もそうではない方も楽しめること間違いなしです!

皆さまのご来館お待ちしております。